お日様の光で走る!(日産自動車との共同研究を含む)

~太陽光発電搭載車のための高効率電力変換システム~



 太陽電池をクルマのボディーにとりつけたら、どのくらい走れると思いますか?


現在、1日の充電で最大30km~50kmも走れるクルマが実証試験中です。

通勤通学やちょっとした買い物なら、コンセントから充電しなくても走行できる距離です。

 発電したエネルギーは、車から家庭に送って家の中で利用することも出来ますし、災害時の非常用電源としても活用することも出来ます。

(NEDO~太陽光発電システム搭載自動車が開く世界の動画を参照)

 西嶋研究室では、日産自動車㈱との共同研究により 太陽電池から最大限にエネルギーを取り出すことができる電力変換システムの研究を進めています。  クルマに太陽光発電システムを搭載する場合、 建物や街路樹の部分的な影によって、影がかかっていない太陽電池パネルも 一緒に発電量が低下してしまうという問題がありました。  新しい電力変換システムの特徴は、走行中に、部分的な影が目まぐるしく変化したとしても、最大限にエネルギーを取り出すことができる点です。この技術については日産自動車㈱と特許出願中です。






Featured Posts
Recent Posts
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
Search By Tags