エネルギーエレクトロニクスセミナー 2019

■日 時 2019年11月21日(木)14:00~20:30

            22日(金) 9:00~14:40

■会 場 崇城大学 池田キャンパス 本館6階

 〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1

 ℡.096-326-3111(代)

■情報交換会(参加者無料)

 崇城大学 池田キャンパス内

■参加費 一般 8,000円, 学生 1,000円

■主催 エネルギエレクトロニクスセミナー実行員会

■後 援 (一社) 電子情報技術産業協会(JEITA)

     (一社)九州経済連合会

図4.png

崇城大学では,エネルギーエレクトロニクス分野に関する公開セミナーを年一回開催しており,今年で計25回目を迎えます.
 今年度は,従来の「パワーエレクトロニクス」「新素材・デバイス」「新エネルギー」「マイクロ化技術」「信頼性」「環境問題」「省エネルギー」というエネルギーエレクトロニクス分野の構成要素に加えて,MaaS(Mobility as a Service)やCASE(自動運転,コネクテッド,シェアサービス,電動化)に関する技術分野の講演者をお招きし,分野を超えた橋渡しができるセミナーに発展させたいと考えております.

​11月21日(木)

顔写真2018vol2.jpg

14:05~14:30

崇城大学 西嶋 仁浩(情報学部 情報学科 准教授)

MaaS新時代に向けた配電プラットフォームの必要性

MaaS(Mobility as a Servive)に注目が集まっていますが,自動運転車が,レストラン,ホテル,病院など千差万別のサービスを提供する未来において,クルマに搭載される危機を動かすための配電プラットフォームの必要性をお話いたします.

14:30~15:20

まちづくりとMaaSについて

MaaSは地域の街づくり政策の一環です。各国のMaaS×街づくりの実態から、我が国の街づくりの方針を解説した上で、弊社が実践しているローカルMaaS(まちなか自動移動サービス)についてご紹介させていただきます。

日本総合研究所㈱ 武藤 一浩

(創発戦略センター 次世代交通チームリーダー シニアマネージャー)

​モビリティサービスとまちづくりの今

一般社団法人 EMoBIA 浦 正勝(代表理事)

15:20~16:10

世界各地では、モビリティサービスとまちづくりが一体となって進化しつつあると言われる中で、ITS技術を活用したモビリティシステムの実状と、現在、国内外で脚光を浴びてる「MaaS」「IOT」等のサービス動向について検証する。

16:10~16:40

​休憩(展示ブースをご覧ください)

三菱電機㈱ 寺島 知秀

(パワーデバイス製作所SiCプロジェクトグループ チップ開発G 専任)

来るべき電動化社会に向けたSiCパワーデバイスへの期待

16:40~17:30

CO2排出量削減に向けて自動車ではHEV車からEV車に開発が進み、航空機においても電動化が検討され始めたが、パワーデバイスはこれらの電動機器に電力を供給する重要な役割を担っている。本講演では従来のシリコンパワーデバイスと次世代を担うSiCパワーデバイスの動作と性能を比較し、SiCパワーデバイスによる性能改善への大きな可能性について解説する。

17:30~18:20

イメージセンサー これまでの進化と今後

ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング㈱ 慶児 幸秀(技監 熊本TEC長)

ソニーはこれまで鑑賞領域、カムコーダー、デジカメ、スマートフォンに搭載されるカメラ向けを主にそれらに適した特性を求めイメージセンサー開発を行ってきた。これからIOT、AIの時代を迎え認識領域として新たな特性が求められてきている。今回、これまでのイメージセンサーの進化まとめとこれから両領域で間近に導入されるであろう新規技術、またこれらを支える製造現場での取り組みについてご紹介させて頂く。

​情報交換会(講演会参加者無料)

18:30~20:30

​11月22日(金)

9:00~9:50

リユース電池を用いた蓄電システム

NExT-e Solutions㈱ 中尾 文昭(取締役副社長)

再生可能エネルギーの導入拡大が進むなかで、電力の需給バランス調整に安価な蓄電池が求められています。電気自動車等で安価な中古電池は多数存在しており、これを再利用することで問題を解決する技術を紹介します。

é¡_å__ç__ (2)_edited_edited.jpg

エネルギー地産地消時代の家庭用蓄電システムの現状と今後

9:50~10:40

家庭用の太陽光発電・蓄電池システムは売電価格の低下や災害の増加に伴い、ますます注目されています。今後どのような蓄電システムが必要とされるかを考え、皆様方有識者の方々との議論を深めたいと思います。
 

㈱村田製作所 柴田 浩平

(モジュール事業本部 エナジーシステム統括部 ESS第1商品部 設計2課 マネージャー)

ニチコン㈱ 津野 眞仁(NECST事業本部 事業戦略室 係長)

10:40~11:40

EVにつながる機器とこれからのエネルギーマネジメント

エネルギーの地産地消を目指した電気自動車と家をつなぐV2Hシステムを中心に再生可能エネルギーの有効活用を目指した取り組みを紹介する。また、エネルギーを上手にかつ効率よく利用するための蓄電デバイス等についても紹介する。

11:40~13:00

​休憩(展示ブースをご覧ください)

13:00~13:50

ソフトフェライトの開発動向

東北大学 松尾 良夫(オープンイノベーション戦略機構 特任教授)

電子機器の軽薄短小化に革命をもたらしたスイッチング電源内部で最も占有重量および占有体積の大きな電源トランス用フェライトコアについて、近年の用途や材料開発の動向を紹介します。

13:50~14:40

SCALEによる非線形特性シミュレーション~太陽電池やモーターのシミュレーション

㈱スマートエナジー研究所 中原 正俊(技術顧問,崇城大学 名誉教授)

これまで、SCALEのシミュレーション対象はおもにスイッチング電源が中心であったが、今回、電源周りのデバイスや機器も対象可能となるように拡張したのでその概要を報告する。特に、非線形特性を有する太陽電池やモーターの特性シミュレーションについて紹介する。
 

【展示ブース】

【新製品】電源パワエレ高速シミュレータ Scideam

㈱スマートエナジー研究所

2019年11月11日にリリースする,電源パワエレ向け高速シミュレーター Scideam(サイディーム)を展示します.

https://www.smartenergy.co.jp/products_books/scideam.html

ScideamTopPage.png

パワーエレクトロニクス実習システム

㈱テクシオ・テクノロジー

「シミュレーション」・「制御実装」・「計測」に必要なツールを全て用意し、
授業の中で、色々な制御をシミュレーションと同様の制御を実装した実機評価の両面で
確認していくことができる実習システムをご紹介します。

パワエレ実習システム_イメージ.PNG

44cc・65W超小型ACアダプター

リコー電子デバイス㈱ 崇城大学の共同研究成果

リコー電子デバイス㈱と崇城大学西嶋仁浩の共同研究により開発した世界最小のACアダプタを展示します.さらに,崇城大学デザイン学科の学生(担当:飯田教授)によってデザインされたACアダプタのプロダクトデザインを展示します.

コンパクトサイズで、出張、旅行に最適(独自の電源IC 技術 により、小型・軽量化を実現)

●最大電力65W ,44cc,75g以下
●これ一つで様々な USB PD 対応機器に充電可能

リコー電子デバイス㈱による開発品

図2.png
図6_edited.jpg
図2のコピー.jpg

崇城大学デザイン学科(担当:飯田教授)の学生によるプロダクトデザイン

エコ電カー

EV車両(情報学科 電気電子通信コース),ボディーデザイン(デザイン学科)

日本EVクラブ九州主催の『第17回エコ電レースinくまもと』(大会会長/中山峰男学長)でレースに参加した車両を展示します.車両のシャーシ(フレームなどボディを除いた部分)を情報学部情報学科坂井研究室(担当:坂井栄治教授)が製作、カウル(車体の先端部分を覆うカバー)を芸術学部デザイン学科飯田研究室(担当:飯田晴彦教授)が製作し、学科を超えたコラボチームで大会に臨みました。

DSC01395 (2).JPG

【申込方法】 

 下記申込みフォームをご活用いただき、下記アドレスに11月11日(月)までに
E-mailにて、お申込みください。

お問い合わせ先  崇城大学 情報学部 情報学科 西嶋研究室 石渕
         Mail: ishibuch@cis.sojo-u.ac.jp 

(ご注意)
セミナー資料は、紙媒体ではなく電子ファイルでの配布とさせていただきますので、
参加申し込みには、(情報配信のため)メールアドレスの記載をお願いいたします。

***************************************
エネルギーエレクトロニクスセミナー 申込みフォーム

ご氏名:
会社名:
部署名:
E-mail:
ご出席 セミナー  21日 :  出席 / 欠席
    情報交換会 21日 :  出席 / 欠席
    セミナー  22日 :  出席 / 欠席
空港送迎バス:先着順のため,ご期待に添えない場合にはご連絡を差し上げます.
21日 : 利用 / 不要 (熊本空港 13:00発 → 崇城大学 13:50 着)
22日 : 利用 / 不要 (崇城大学 15:00発 → 熊本空港 15:50 着)
***************************************

【会場へのアクセス】

・会場までのアクセスは,下記をご確認ください.

・大学までの詳細なアクセスについては,大学ホームページをご覧ください.

図1.png
図2.png