就職ってどうなの?

 エネルギーエレクトロニクス技術は、電気エネルギーで動くありとあらゆる機器に使われていますので、就職先も、皆さんの良く知っている家電メーカーさんだけでなく、自動車関連企業、電子部品企業など様々です

 当研究室では,共同研究や委員会活動などで培った豊富な人脈を生かして,学生さんの就職活動をしっかりバックアップしています!研究を頑張っている学生さんには,会社さんへ推薦もしていますので、有利に就職活動を進めることができます。

 就職試験では、『学歴(偏差値)』ではなく、『学力(研究室で学んだ技術力)』『実力(人間力)』が高く評価されます。

 皆さんが将来やりたい仕事に関連する分野の先端技術が学べる研究室って,何処の大学の,何処の研究室にあるのでしょうか?

 当研究室でも、学生さん自身が、国際学会で発表したり、企業さんとの共同研究に参画する中で『学力』『実力』を身に着けていますので、安心してください!

西嶋研究室が有名企業400社に就職できる理由

 大学の有名企業400社(*1)実就職率ランキングを見たことがありますか?有名企業400社に就職できるのは、1位の東京工業大学でも57%、九州大学で27%、熊本大学で14%の狭き門です。

 しかし、西嶋研究室の学生さんは、有名企業400社への就職を勝ち取っていて(22年春にも就職内定)、平均給与は700万円~900万円にもなります。これは熊本の平均給与の約2倍です。ちなみに東京大学を卒業した学生の平均給与は632万円だそうです。

 何で、西嶋研究室は就職に強いのでしょうか?

(1)世界のトレンドだから!

  (環境エネルギー問題、カーボンニュートラル、SDGs、電気自動車、太陽光発電)

(2)企業が求めている技術だから!

  (電子機器の「心臓」にあたる欠かせない技術なので、常に必要とされる人材です)

(3)就活は「どの大学を出たか」より「どの研究室を出たか」の方が大事だから!

  (参考:Hey!Labo 「どの大学を出たか」よりも「どの研究室を出たか」の方が重要な理由)

(4)学生さんが実践的な実力を身に着けられるから!

  (企業との共同研究プロジェクトに関わることで、インターンシップや推薦の機会が得られます)

(5)電気電子通信分野は、全企業研究者の4分の1を占めているから!

  (参考:Itadaki Life 理系大学院生のリアルな就活とは!就職できない専攻と博士の闇を暴露してみる

   円グラフ「日本企業の専門別研究者割合」)

(*1)JPX日経インデックス 400とは、日本経済新聞社が、投資家に魅力の高い400社を選び、財務や経営が優秀な日本の株式市場をけん引する銘柄の動きを指数として発表しています。

有名銘柄400社.png
平均給与.png
専門別研究者割合.png

崇城大学における西嶋研究室の学生の進路(過去3年から抜粋) 

 今は、消費者にモノを売る会社(BtoC)よりも、企業にモノを売る会社(BtoB)の方が人気です。なので知らない会社もあると思いますが、BtoBメーカーの良さは、様々な製品に部品や技術を提供できることです。自分が開発した製品が、iphoneの中だけでなく、日本、韓国、中国のスマホの中にも使われたら嬉しくないですか?

・TDK㈱
  世界有数の電子部品・機器メーカーで、その売上高は1兆5千億円。
熊本県の予算と比較すると1.5倍の規模です。
日経インデックス有名銘柄400社の一つ(資本金326億円)

・アルプスアルパイン

日本の電子部品・音響機器・カーナビゲーションを製造販売する大手電機メーカー
日経インデックス有名銘柄400社の一つ(資本金387億円)
・TMEIC(東芝三菱電機産業システム㈱)
  東芝と三菱電機の合弁会社で、産業用電気および産業プラントの自動化システム
  を専門としている。就職四季報に記載されている平均給与は900万円(資本金150億円)
​・㈱九電工 
  電気設備工事を主な事業とする会社(資本金126億円)
​・菊水電子工業㈱
​  創業70周年の電子計測器および電源機器の専業メーカー(資本金22億円)
・ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング㈱
​  熊本にも工場がある世界トップのカメラのCMOSイメージセンサーの設計・製造メーカー
・新電元熊本テクノリサーチ​ ㈱
​  離職する人が少ない大企業ランキング2位である新電元工業の100%子会社(所在地:光の森)
   https://toyokeizai.net/articles/-/286726?page=3

・崇城大学大学院進学 (4名)

​また、2017年には、同じエネルギーエレクトロニクス分野の研究をしている坂井研究室の女子学生が『九州電力』に就職しています。

​大分大学に在職時における学生の就職先(2017年まで在籍)